2006年06月27日

コールドゲームの語源

試合を途中でやめることを、なぜコールドゲームと呼ぶのか?
コールドゲームを英語で書くとcalled game。規定の時間や回数を待たずに、主審が試合終了を宣言(call)するということからコールドゲームと呼ばれているのだ。

日本のプロ野球であれば、5回終了後(5回以前ならばノーゲームで試合は不成立となる)、雨などで試合の続行が不可能と主審が判断した場合、試合を打ち切って終了させることができる。その時点でリードしていたチームの勝利となる。

高校野球の地方大会の場合は、運営上の理由から天候のほかに点差により、コールドゲームとなることがある。基本的には、5回終了時点で10点差か、7回終了時点で7点差がつくとコールドゲームとなる。

実はサッカーにもコールドゲームはある。国際公式ルールによれば、試合中10点差以上の点差があった場合には、主審の判断でコールドゲームとすることが可能である。
現実的にサッカーの試合で10点差つくことはあり得ない気がするが...。
posted by zanku at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベースボール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19521788

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。