2006年06月30日

Jリーグのチーム名

地元に密着したチーム作りを目指したJリーグ。
それだけにチーム名には地元の地名や名物にちなんだものが多い。

アントラーズは鹿島市の鹿(antlersは鹿の角)から。
エスパルスのSは清水市のイニシャルで、パルスは心臓の音。

グランパスエイトのgrampusは名古屋名物のシャチホコのしゃちのことで、エイトは市のマーク「末広がり」から。

セレッソはスペイン語で「桜」のこと。大阪市の”市の木”が桜のため。
サンフレッチェは数字の3とイタリア語で「矢」を意味するfrecceから。地元広島の有名人毛利元就の”3本の矢”の故事が由来。

コンサドーレのコンサドは逆から読むとドサンコ、つまり道産子。
水戸のホーリホックは英語でhollyhock植物の「葵」の意味。水戸家の葵の御紋から。

サガンは佐賀県のサガから。
ヴァンフォーレは武田信玄の風林火山からvent「風」foret「林」を採用している。
posted by zanku at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。