2006年07月08日

テニスのカウントが不規則な理由

テニスの試合では、得点を0(ラブ)、15(フィフティーン)、30(サーティ)、40(フォーティ)と数えて1ゲームとする。

なぜ15、30と続いた後に45とならずに40なのか。天文学説、時計説、テニスにまつわる説などがあり、はっきりとはしていない。

時計説は、スコアボードの代わりに時計盤を使ってテニスをしていたときに60分を4分割して15を1単位とし、4点先取した方が1ゲーム勝ちとする説。

一方、テニスの起源にまつわる説について。テニスは、「ジュー・ド・ポー」という手のひらでボールを打ち合うスポーツが起源といわれており、「ジュー・ド・ポー」が盛んに行われていた修道院の生活単位が15分だったのでカウントの仕方はそこから生まれたといわれるもの。

しかし、どちらの説でも30の次がなぜ45ではないのか、という疑問はまだ解決しない。これは、試合中に審判が45(フォーティファイブ)とコールしずらいので40となった、と今は考えられている。
posted by zanku at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。