2006年07月11日

ゴルフが18ホールの理由

現在では、ほとんどのゴルフコースが18個のホールで設計されている。
クラブハウスから出て1番ホールから9番ホールまでを”アウト”折り返してクラブハウスまで戻ってくる10番ホールから18番ホールまでを”イン”と呼んでいる。

なぜ、18という中途半端な数字で構成されているのだろう?

イギリスのスコットランド地方にある名門、セント・アンドリュース・クラブで、コースの数をそれまでの22から18に改造したのが1764年。
それまではクラブによってホール数はまちまちだったが、セント・アンドリュースのホールの配列や構造が評判を呼んだため、ゴルフ場の見本となったのだ。

18ホールとウイスキーにまつわるこんな話しもある。
昔は1ホールを終えるごとにウイスキーをグラスで1杯飲んでいた。ウイスキー1本で約18杯飲めるので、ちょうどきりのよい18ホールにしたというわけ。
ウイスキーの1杯もゴルフの1打も”ワンショット”というのはその理由からきている。
posted by zanku at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19524987

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。