2006年07月12日

自分をくすぐっても、くすぐったくない

人間がくすぐったいと感じるところというと、わきの下、足の裏、わき腹、など個人差はあるもののいずれも刺激に対して敏感なところ。

しかし、その感じ方は時と場合によって一定ではない。不意にたたかれた場合と心の準備ができていた場合とでは痛さが違うように、くすぐったさも気持ちによって感じ方は大きく変わってくる。

ひとつは、予測できるかどうか。他人にくすぐられる場合は「これからくすぐるよ」と言われたとしても、どのくらいの強さで、どんなタッチでくすぐられるかは予測できない。この予測できないということがくすぐったさを喚起させるのである。

また、くすぐる相手との関係にもよる。恐怖心を抱いている相手よりは、いつも一緒にいる人間にくすぐられたほうが、より強くくすぐったさを感じる。さらにセクシーな気分だったりと性的な要素が加わると、より一層うくすぐったさを感じるのである。
posted by zanku at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人体・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19525242

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。