2006年07月15日

飛行機にも制限速度がある

プロペラ機から始まった飛行機の歴史。各国の技術者は少しでも速く空を飛べるよう、研究に日々費やしてきたことでしょう。でも、どんなに速くなっても飛行機にも、自動車と同じように制限速度が定められている。

ただし、制限速度があるのは指定区域内だけ。管制圏内と各国運輸大臣が告示した指定区域でのみ速度が制限される。そうでなければ、せっかく超音速旅客機を開発した技術者たちが救われないというもの。事実アメリカでは。音速の7倍、なんとマッハ7で飛ぶ飛行機の実験が行われている。

ちなみに一般の管制圏内では、高度3000フィート以下で、ジェット機が200ノット(時速約370キロ)、プロペラ機が160ノット(時速約300キロ)以内、指定区域では、高度1万フィート以内で、250ノット(時速約460キロ)以内とされている。

パイロットの方々には、スピード違反をしないで、安全飛行に徹していただきたい。
posted by zanku at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。