2006年08月01日

ホテルになぜ聖書があるの?

ホテルに泊まると机の引き出しの中に必ず入っている本がある。世界一のベストセラーと言われる新約聖書だ。ではなぜキリスト教国でもない日本のホテルに、聖書が常備されているのだろうか。

実は、この新約聖書は財団法人の日本国際ギデオン協会という団体が寄贈している。ギデオン協会は、聖書をできるだけ多くの人に読んでもらうことを目的に、1899年にアメリカで誕生した。特定の教派とか団体とは関係なく、現在は世界170以上の国で79ヶ国語に翻訳された聖書を、各地の施設に寄贈している。

日本の協会は1950年東京に支部が作られたのが始まり。
今はホテルだけでなく病院や老人ホームなどにも寄贈し、これまで寄贈した数は日本国内だけで2800万冊以上、世界ではなんと、10億冊以上にもなるという。

ちなみにそれらの費用はすべて、会員やキリスト教会からの寄付で賄っているそうである。
posted by zanku at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。