2006年08月14日

自転車にも飲酒運転は適用になるの?

仲のいい友人たちとともにお酒を飲むことになったあなた。自転車だから今日は飲んでも大丈夫と思ったら大間違い。

道路交通法第117条の2で、自転車による酔払い運転はハッキリと禁止されているのである。違反すれば、2年以下の懲役、または罰金5万円以下の刑罰が待っている。

ただし、現実に逮捕される人はほとんどいないのが現状である。とはいっても、泥酔して人ごみに突っ込んだり、危険な蛇行運転をしたりすれば、交番に連行され最悪逮捕ということになりかねない。

自転車も、飲んだら乗るな、乗るなら飲むなということである。
posted by zanku at 00:54 | Comment(25) | TrackBack(0) | 生活

2006年08月01日

ホテルになぜ聖書があるの?

ホテルに泊まると机の引き出しの中に必ず入っている本がある。世界一のベストセラーと言われる新約聖書だ。ではなぜキリスト教国でもない日本のホテルに、聖書が常備されているのだろうか。

実は、この新約聖書は財団法人の日本国際ギデオン協会という団体が寄贈している。ギデオン協会は、聖書をできるだけ多くの人に読んでもらうことを目的に、1899年にアメリカで誕生した。特定の教派とか団体とは関係なく、現在は世界170以上の国で79ヶ国語に翻訳された聖書を、各地の施設に寄贈している。

日本の協会は1950年東京に支部が作られたのが始まり。
今はホテルだけでなく病院や老人ホームなどにも寄贈し、これまで寄贈した数は日本国内だけで2800万冊以上、世界ではなんと、10億冊以上にもなるという。

ちなみにそれらの費用はすべて、会員やキリスト教会からの寄付で賄っているそうである。
posted by zanku at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年07月27日

羊を数えると眠れるの?

「羊が一匹、羊がニ匹、羊が三匹.....」眠れないときのおまじないとして有名であるが、このおまじないの起源は定かではない。英語の羊(シープ)と睡眠(スリープ)の語感が似ているからという説がある。シープを数えていると、眠れ〜眠れ〜と聞こえ、暗示の効果があり、それが定着したというのである。

だが、シープとスリープがそれほど似ているとは思えない。しかしドイツ語ならば、羊はシャーフで睡眠はシュラーフだから英語よりは暗示効果が強いかもしれない。

ほかにこんな話もある。イギリスの牧場はかつてハイキング場としても利用されていたことから、羊と青空と草原というシチュエーションが幼い頃の思い出を呼び起こし、ゆったりとした気持ちにさせてくれる。だから羊を思い浮かべるというのだ。

いずれにしても日本人には効果が薄そうだ。ただし、眠気をもたらす三大要素とされるのは単純、退屈、無意味、だから羊を数えるのもあながち馬鹿にできないかもしれない。
posted by zanku at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年07月22日

耳にツバをつけてプールにはいるの?

プールや海で泳ぐ前に、ツバで濡らした指を耳の穴にいれる動作をする人を見かける。ツバが膜となって水の浸入から耳を守ってくれるという考えからなのだろう。だが、実はこれはまったく無意味なのである。

昔、素潜りで漁をしていた漁師は、耳栓として柔らかい草を耳に詰めていた。耳栓用の草を丸める際に、指をツバで濡らすと丸めやすくなるので、指にツバをつけ、草を丸め、耳に詰めるという動作が行われていたのだが、一般の人がこの一連の動作を見たとき、草を丸めていることを知らず、ツバで耳の穴を濡らす動作だけが、まるで水に入る前の儀式かのように広がっていったというのが本当のところらしい。

実際のところ、耳の病気や、鼓膜に穴が開いているような場合でなければ、通常のプールや海水浴で耳に水が入って、トラブルになることは少ないのであまり神経質になる必要はないが、どうしても気になるのならば、市販の耳栓を利用するとよい。
posted by zanku at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年07月19日

動物園の熊も冬眠するの?

冬になると熊は冬眠するというのは常識だが、その常識が通用しない場所がある。それは動物園の中だ。動物園の熊は冬眠しないのである。

そもそも熊が冬眠するのは、冬場にエサが手に入らないため、エネルギーをなるべく使わないように眠っているのである。秋に十分栄養を補給して、長い冬を越すための体を作り、準備万端で眠るのだ。

ところが、動物園の熊にはエサを心配する必要はない。年中食べるものには困らないから、越冬するための体も作る必要がない。そうなると体の機能が冬眠モードに切りかわらない。
だから動物園の熊は冬眠しないのである。
posted by zanku at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年07月16日

日曜日は週末?

カレンダーを見ると、一週間の始まりは日曜日からとなっていることが多い。
しかし、普段私達は土曜と日曜を週末と表現しているので日曜日が週の最後になるのでは、という疑問が生じる。

そもそも曜日や週休制が決まった起源を調べてみると紀元前2世紀頃までさかのぼる。ユダヤ教の教えでは、土曜日はユダヤ教にとって仕事を休み神に祈りをささげる”安息日”と呼ばれ日。現在でもイスラエルでは金曜の日没から土曜の日没までは、公共の交通機関もストップする。

日曜日を一週間の最初の日に定めたのはキリストだ。この日は復活したキリストを祝い、仕事を休んでお祈りをする日。ヨーロッパを中心にキリスト教が広まるにしたがって、日曜を休日とする国が増えた。

しかし、なぜ週末と呼ぶか?については”平日に働いて週末は休む”という図式が感覚的に受け入れやすいからではないだろうか。
あなたのカレンダーはどうなっていますか?
posted by zanku at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年07月15日

飛行機にも制限速度がある

プロペラ機から始まった飛行機の歴史。各国の技術者は少しでも速く空を飛べるよう、研究に日々費やしてきたことでしょう。でも、どんなに速くなっても飛行機にも、自動車と同じように制限速度が定められている。

ただし、制限速度があるのは指定区域内だけ。管制圏内と各国運輸大臣が告示した指定区域でのみ速度が制限される。そうでなければ、せっかく超音速旅客機を開発した技術者たちが救われないというもの。事実アメリカでは。音速の7倍、なんとマッハ7で飛ぶ飛行機の実験が行われている。

ちなみに一般の管制圏内では、高度3000フィート以下で、ジェット機が200ノット(時速約370キロ)、プロペラ機が160ノット(時速約300キロ)以内、指定区域では、高度1万フィート以内で、250ノット(時速約460キロ)以内とされている。

パイロットの方々には、スピード違反をしないで、安全飛行に徹していただきたい。
posted by zanku at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年07月07日

カビの生えたチーズがなぜ食べれるの?

すきなチーズを聞かれて思い浮かぶのはなんだろう。粉チーズで有名なパルメザン?それとも刺激的な味と香りがくせになるゴルゴンゾーラ?モッツァレラ、ブルーチーズ...産地や製法によって個性があり、どれかひとつを選ぶのは難しいでしょう。

ゴルゴンゾーラなどに含まれる青カビや、カマンベールの白カビは、なぜ食べても大丈夫なのでしょう。

これは、カビには多くの種類があり、大きく分けると「体に悪い作用をするもの」と「体に良い作用をするもの」の二つがある。チーズに含まれるカビは、もちろん「体に良い作用をするもの」である。

このカビは、他のカビの増殖を抑え、チーズに含まれるたんぱく質や脂肪を分解し、おいしさを高める効果があるのだ。
もし、チーズのカビが気になるようであれば外皮を取り除いて中身だけを食べるとか、最初はひとくち、徐々に量を増やしていけばいいでしょう。
posted by zanku at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

2006年06月25日

コゲた魚を食べるとガンになるの?

コゲがガンのもとになるというのは本当で、国立がんセンターが発表している「ガンを防ぐ12か条」のなかに”ひどくこげた部分は食べない”と書かれている。

ではなぜコゲが良くないかというと、肉や魚のうまみの素であるアミノ酸に熱を加えると発がん性物質ヘテロサイクリックアミンに変わるからである。

もちろん発がん性物質を多量に摂取するとガンになる。
国立がんセンターの報告は、ラットを使った実験結果に基づいて出されたものだが、この実験の詳細によると、人工的に作られたヘテロサイクリックアミンを投与したラットにはガンが認められたが、天然の食品のコゲでガンになったラットはいなかったという。

コゲた魚を2万尾も食べればラットもガンになる可能性があるという程度だから”ガンになる”などと、コゲを必死に取り除くというのはほとんど意味がなさそうだ。

コゲを気にしてストレスを感じるなら、そっちのほうがよほど健康に悪いということであろう。
posted by zanku at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。