2006年07月14日

女性に便秘が多い理由

便秘の悩みは、男性よりも女性に多い。これには3つの理由がある。
ひとつは体の構造的な問題。便秘は腸のぜん動運動が活発すぎる、または動きが弱いために起こる症状なのだが、子宮が腸を圧迫してぜん動運動を妨げる。

子宮の大きさや形は人によって異なるため、便秘になりやすい女性とそうでない女性がいるのだ。また、妊婦は子宮に胎児を宿しているため、腸を圧迫して便秘になりやすい。

ふたつめは、女性特有のホルモンの働き。卵巣から分泌される黄体ホルモンには、腸管のぜん動運動を抑制する働きがある。

みっつめは、筋力の問題。女性は男性に比べて腹部の筋力が弱い。これは脂肪をつけやすくして子宮を守るためだといわれている。

便秘の解決方法の原則は、規則正しい生活とごぼうやこんにゃくといった食物繊維を多く含む食事と腹筋を鍛えるための適度な運動が効果的なのだ。
posted by zanku at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人体・健康

2006年07月12日

自分をくすぐっても、くすぐったくない

人間がくすぐったいと感じるところというと、わきの下、足の裏、わき腹、など個人差はあるもののいずれも刺激に対して敏感なところ。

しかし、その感じ方は時と場合によって一定ではない。不意にたたかれた場合と心の準備ができていた場合とでは痛さが違うように、くすぐったさも気持ちによって感じ方は大きく変わってくる。

ひとつは、予測できるかどうか。他人にくすぐられる場合は「これからくすぐるよ」と言われたとしても、どのくらいの強さで、どんなタッチでくすぐられるかは予測できない。この予測できないということがくすぐったさを喚起させるのである。

また、くすぐる相手との関係にもよる。恐怖心を抱いている相手よりは、いつも一緒にいる人間にくすぐられたほうが、より強くくすぐったさを感じる。さらにセクシーな気分だったりと性的な要素が加わると、より一層うくすぐったさを感じるのである。
posted by zanku at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人体・健康

2006年07月10日

男にも乳がんはある

女性の病気のイメージが強い乳がんであるが、男性でも乳がんに冒されることがある。乳がん患者のうち実に1%の割合を男性患者が占めている。

乳がんの原因としては、乳腺の肥大によるものが大多数。また、女性にあこがれて、女性ホルモンを過剰投与したことが原因となることもある。

男性の場合、年齢的には女性よりも少し高年齢で、52歳〜63歳ぐらいの患者が多いという。さらには再発率まで圧倒的に高いというデータがある。

男性も常日頃から、おっぱいに”しこり”がないか、自己検診が必要ということである。
posted by zanku at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人体・健康

2006年07月03日

頭も毛を剃ったら濃くなるの?

毛を剃ったら今度生えてくるときは濃くなるという話を一度は聞いたことがあるのでは...。
残念ながら、これは全くのうそ

毛を剃ると剃られた毛先が断面となり、生えはじめのときに、太く濃くなった毛が生えてきたように見えるだけ。剃った後のツルッとした肌にポツポツと生えてくると余計に目立つことも濃くなった印象につながる。

また、男性のひげの場合は、思春期に生え出して徐々に濃くなることから、剃るたびに濃くなるという印象を持ってしまうのだ。
だから、頭髪が薄くなったからといって剃ったところで、増毛の効果はない。

また、この俗説を信じて、むだ毛を剃らずに、一本一本毛抜きで抜いている女性もいるかと思うが、実はこちらのほうが肌を傷つけたり、黒ずみの原因を作ったりと悪影響がある。

とはいうものの、日本ほどむだ毛処理にエネルギーを費やす国はない。脇、すね、腕の毛など、あってあたり前のものと思えば、あまり気にしなくてもよいのかもしれない。
posted by zanku at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人体・健康

2006年06月23日

白髪を抜いたら増えるの?

結論から言ってしまうと、白髪を抜いたからといって増えることはない。

”最近、白髪が目立つなあ”といいながら白髪を抜いたところで、白髪が老化によるものである以上、その増加は誰にも止めることはできない。

つまり個人差はあるものの、抜こうが抜くまいが老化とともに増えるものは増えるのである。

白髪というのは、髪の毛からメラニン色素がなくなった状態。年齢を重ねることによって髪の毛を作る毛根のメラニンを作る能力が衰えるために起こるのだが、その白髪を抜いたとしても毛根は残っているから、再び白髪が生えてくる可能性は高い。

しかし、他の毛根へ影響を及ぼして白髪を増やすことはない。白髪ができるメカニズムは分かっていても、なぜ白髪になるかは、いまだ解明されていない。

中国では”髪の毛は血の余り”という言葉があるそうだ。栄養がバランスよく充分であれば、髪も黒々と健康になる。逆に髪の毛に変化が現れてきたら、不健康になりつつあるサインかもしれない。
posted by zanku at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人体・健康

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。